【男のVIO脱毛】毛抜きでの自己処理はNG!…でも、やめられないときは

最近はVIOの毛を脱毛する男性も増えてきました。

脱毛サロンに通ったり、カミソリや毛抜きで自己処理をしたりする人もいますよね。

ですが、毛抜きで処理するのは実は危険な行為だったんです。

どうしてVIOの自己処理において毛抜きはNGなのか、その理由を見ていきましょう。

 

VIOの自己処理に毛抜きはNG

VIOの自己処理を毛抜きで行うのはやめましょう。

毛抜きがNGの理由として、このようなものがあります。

  • 肌トラブルが起きる
  • 色素沈着が起きる
  • 鳥肌みたいになる
  • 埋没毛になる
  • 毛が増える、濃くなる、太くなる

肌トラブルが起きる

毛抜きでの自己処理は肌トラブルの原因となります気を抜くという行為は少なからずお肌にダメージを与える行為です。

無理やり毛を抜くことでお肌が引っ張られ不用意に傷ついてしまうんですね。

その結果、お肌が荒れたり、毛のう炎などの肌トラブルが起こる危険性があります。

色素沈着が起きる

毛抜きの自己処理はお肌に負担を与えるとお伝えしてきました。

炎症を起こし修復されて、というのを繰り返してると、次第にお肌が色素沈着してきてしまうんです。

一度色素沈着してしまうと、お肌が生まれ変わるまでその色味は消えません。

途中で脱毛サロンで脱毛したいと思っても、色素沈着によりお肌が黒ずんでいると、施術してもらえないこともあります。

鳥肌みたいになる

毛抜きで脱毛し続けていると毛穴が広がり、鳥肌みたいな状態になってしまいます。

毛抜きの自己処理で鳥肌状態になってしまうと、時間が経っても治らず、長い間ボツボツの状態が続いてしまいます。

VIO部分は普段は隠れているからごまかせますが、温泉に行ったり、セックスなどで裸になるときにみっともない姿をさらけ出してしまうことになります。

埋没毛になる

また、毛抜きは埋没毛を引き起こす原因にもなります。

無理矢理毛を抜くと肌が炎症を起こします。

その炎症への回復作用として皮膚が形成されますが、その際毛穴を塞ぐようにして皮膚が作られてしまいます。

すると新たに生えてきた毛が体表に出ることができなくなり、埋もれた状態になってしまうんです。

埋没毛になっても皮膚を傷つけて毛を取り出せば引っこ抜くことはできますが、またその皮膚が修復することで毛穴が塞がれてしまいます。

繰り返せば繰り返すほど深刻な状態になっていき、最悪の場合手術をしないと埋没毛が取り出せない…ということにもなってしまうんです。

毛が増える、濃くなる、太くなる

毛を自己処理すると、毛が増えたり濃くなったり太くなったりします。

これは経験したことがある人も多いのではないでしょうか。

VIOだけじゃなく、ヒゲや脇などでも同様の現象が起きます。

これも体の再生機能が働き、「より丈夫になろう」という作用で毛がしぶとくなってしまうんです。

どうしても毛抜きがしたいのなら…

そうはいっても毛抜きがやめられない…

このようにどうしても毛抜きがしたいということもあるかと思います。

その際は以下のポイントに気をつけて毛抜きをしてみてください。

ただし、いずれにしても毛抜きはお肌に負担を与える行為なので、自己責任で実施してください。

温めて皮膚を柔らかくしておく
毛並みに沿って毛を抜く
無理やり引っ張らない
必ずスキンケアをする

温めて皮膚を柔らかくしておく

毛抜きをする前には皮膚を温めて柔らかくしておきましょう。

皮膚を柔らかくすることで毛抜きのダメージを軽減することができます。

シャワーを浴びたり湯船に浸かるなどして、VIO部分の皮膚を柔軟にしておくといいですよ。

毛並みに沿って毛を抜く

毛抜きをする時は毛並みに沿って毛を抜きましょう。

毛の生えている方向に逆らって抜いてしまうと、綺麗に毛が抜けないだけでなく、お肌にも重大なダメージを与えてしまいます。

無理やり引っ張らない

無理矢理引っ張って泣かないようにしましょう。

どうにも抜けない毛はそのままにしておいてください。

無理やり引っ張ると毛が途中でちぎれたり、ただただ痛い思いをするだけになってしまいます。

必ずスキンケアをする

毛抜きをした後は必ずスキンケアをしてください。

先ほどもお伝えしましたが、毛抜きはお肌にダメージを与える行為です。

ダメージを与えて放置してしまうと炎症や肌トラブルの原因となり、見た目が悪くなってしまいます。

痛みやかゆみの原因となることも。

きれいに治るまでには時間がかかるので、スキンケアによる予防が欠かせません。

まとめ:毛抜きは極力避けましょう

毛抜きのダメージを抑える方法をお伝えしてきました。

しかし、毛抜きはどう頑張ってもお肌へのは防げません。

極力毛抜きを行わないに越したことはありません。

自己処理するのであれば、カミソリやシェーバーよる処理がおすすめです。

自己処理のやり方については、こちらの記事で詳しく解説しています。

>>VIOの自己処理のやり方をチェックする

 

VIOの毛をなくすにあたり、ベストな方法はサロンやクリニックで脱毛を受けることです。

当サイトではVIO脱毛できるサロンやクリニックについても紹介しているので、あわせてご覧ください。

>>メンズVIO脱毛ができるサロン・クリニックをチェックする